性病体験談

性病に関して知識をつける重要性

私たち人間が行う性行為の中で一番に考えないと行けない事は、性病です。
今現在の性病については、クラミジア、淋病、エイズ、子宮けいがんとかいろいろな種類がたくさんあります。

 

例えば、男性の場合は、クラミジアや淋病を発症することが多く、女性では子宮頸がんなどの子宮の病気に発症する場合があります。
男女のお互いが性病について理解して行う性行為は良いですが、しっかりと理解しないまま行う性行為は危険です。

 

お互いがちゃんと性病について理解しないで性体験をするとあとでこまるのは、男女の二人同士の問題にもなるからです。
男性側では、女性に知らない間に性病をうつしてしまう可能性もあり、女性は性病と妊娠に関するリスクもあります。
ですので、私たち男女は、もっと性病について勉強をすることが重要です。

 

性行為は男女の間でスキンシップをするためには、いいでしょう。
結婚してから、特定の彼氏彼女の同意がある時、そういった時は素晴らしいスキンシップになることは間違いありません。

 

それから性病の中には、一生に生きていかないとだめな病気もあります。それはエイズです。
エイズがうつるという情報の中には、キスをしただけで感染するという噂も流れていますけどこれは、間違いです。
エイズは、男女でキスをしてもエイズをうつしたりしません。しかしエイズをうつしてしまう行為は、血がついたり、性行為をしたときです。

 

次に性病の検査にもいろいろな種類の検査があります。
たとえば個人で簡単に検査できる性病検査キットがあったり、性病検査する病院や地元の保健場でも検査ができたりします。

 

男女の皆さんへ性行為をするのであれば決まった人とすることをおすすめします。決まった人とは、お互いが結婚してからの事です。
それから性病についてもっと詳しく勉強することが良い生活をおくる為に大切です。